イメージ☆マテリアル

一週間に一回を目安に更新していきますよぉ〜

合宿免許日記 第1話~お茶のないお弁当~

 

どうもこんばんは

 

今日から僕の合宿免許日記が始まります。

今日から毎日合宿免許の日記を投稿していきたいと思います。

 

面白くは書けないから

覚悟してね

 

 

 

1日目

合宿免許初日である

 

合宿免許のプランはat限定で14日間くらいで取れるやつ、東北の方の教習所にやってきました。

 

なぜこのプランにしたとかいろいろは後でまとめて記事にしたいと思います。

 

am7:20  自宅を出発する

 

am8:30  新幹線に後1分のところでギリギリ乗車。

ギリギリで乗ったため指定席の車両とは真逆の車両に乗ってしまう。

指定席の車両には移動不可で自分の席にたどり着けない

そのためトイレとかあるあのスペースでキャリーバッグに座ってた

 

am10:20  駅に到着集合時間まで時間があるのでちょっと歩いたところにあったマックで時間を潰す。

 

am11:05  11:20集合ってネットのしおりに書いてあったからそろそろ行きますかーとか思ったら電話がかかってくる

「〜さんですか?11:05分のバスもう出発なんだけど、今どこにいます?みんな待ってるんですよ!」

えっなんでだよ

ダッシュでバスに向かいバスに乗った

バスの運転手は運転しながらベラーベラ喋ってた、

 

am11:30  教習所に到着 降車してキャリーバックを置きに行く。どうやら今日入校の人は男7女1で男2人組が3組、俺ともう1人の女性の方は1人参加だった。

 

教習所には他にも合宿生と思われる若者がワンサカいてとてつもない人口密度であった。

 

am11:40入校のいろはを教えられる

俺は1人参加なので聞き逃したらあかんので真剣に聞いてました。

それから視力検査があった、全員ノーミスだったが

 

俺だけ一個ミスった。

 

 am12:30休憩 みんなで用意されていたお弁当を食べる。コンビニでもスーパーでも売ってないようなお弁当。どこが作っているんだ...?

しかも飲料水が置いてない。自販機で買えってことか...

小さい校舎なのに自販機はそこら中に8台くらい設置されている

 

さっきマックで食べたためお腹は空いてなかったが頑張って食べた。

 

pm1:00まぁここで先生が男のガタイのいい人に変わるまぁビデオ見たり性格診断とかいう知能テストみたいなのをやらされる。

後で結果見て見たら、俺の性格をズバリ、当てられていた。

 

pm3:30ゲーセンにある車のゲームみたいなやつでシュミレーションするかなり為になった。

 

pm4:30もう乗車

 

さっきビデオ一回ちょっと見ただけだぞ、さすがに早すぎだろと思った。

 

そして自分の手帳にあるバーコードを読み取ると教官が指定される最初の教官はT先生であった。

 

そして教官に案内され乗車する

そしてこの教官

 

くそヤバイ教官だった

 

もうこっちはまだ一回も乗ったことないっていうのに、なんでできないの?やらオイ!やらどこ行くんだよとかそんなんじゃ卒業できねぇぞとか思い出したくないから書けないけど罵声の嵐だった。

こっちはルートも知らないしどれをどうよければいいのかもわかんねぇのに

ていうか教えてる内容が曖昧で全くわからない、

 

まじでネットに書いてある悪口そのままだったよ。

 

この時間だけは長く感じたね。

 

 

am5:30  学科の授業があった、免許の更新とかなんやらを学んだ

講師の人は少しオラつき気味だったが分かりやすかった

 

am6:30 空きコマなのでベンチで待機。空きベンチはなかなかない。

 

pm7:30 入校生歓迎イベント。

今日イベントがあるので俺たち9人だけのイベントかと思ったらそうではなく、ここ2週間で入ってきた入校生が全員参加のイベントだった。

 

なんか少しでかい車庫みたいなとこに連れられてそこには各入校日ごとにテーブルが割り振られてあった。

テーブルの上には綾鷹と地元の名産品。喉がカラカラだったので

 

綾鷹が美味い美味い

 

でテーブルについてまぁイベント始まった。教官がコスプレしてたりしてたが初日なのでまぁ誰かわからん

いろいろなゲームも用意されていたが代表の5人くらいがやるもので

俺たちは観覧してただけだった。

 

俺たちのテーブルはほぼお通夜状態であった。グループできてる奴はもう少し喋ろよとか思った。

俺の隣には同じく1人で参加していた女性がいたのだが。

正直シチュエーション的に話しかけるしかないのだが

 

 

 

 

話しかけられませんでした!!!!!!

 

参加型のゲームとかあって話す機会があれば絶対話せたと思うけどね。

あーもうこれが俺の実力ですよ。

 

 

そしてイベントもそこそこで終わり 俺たちはキャリーバックがあったので他の入校日の人たちよりも早く帰った。

 

結局今日はめぼしい交流もなく1日が終わったなーと思いながら帰りのバスに乗っていたら、同じ宿の人たちが話しかけてくれて少し雑談した。

その人たちは後2日で終わりらしい。ここ利用すると便利だよとか教えてくれた。

 

なんかよかった。

 

 

そして宿に着いた俺はまさか毎日あの教官じゃないよなーとかおもったり、あの同じ入校日の女性絶対話しかけた方が良かったよなーどのタイミングが1番良かったんだろとか思ったりしていたとさ

 

 

 

 

 

2日目に続く、、、、、、、、、、、