イメージ☆マテリアル

一週間に一回を目安に更新していきますよぉ〜

合宿免許日記 第12話 〜サンクス〜

今日も早起き

だが二度寝は欠かさない

 

 

朝食を済ませ

準備をし

ホテルのロビーに鍵を預け

10時に教習所へのバスに乗る。

 

いつもの流れである。流石にもう慣れてきた

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

今日は最初の3時間は応急救護の授業だった。

 

応急救護専用の部屋がある。

 

まずビデオを見せられて

 

次に事故が発生して救護人が出たときの対応をする

 

マネキンみたいな奴に心臓マッサージとか人工呼吸とかやる。

今の時代は人工呼吸よりも心臓マッサージの方が重要なのだという。

 

なんか人工呼吸の扱いがオマケみたいな感じだった

 

救助までずっと良質な心臓マッサージで助かる確率が14%

心臓マッサージと人工呼吸を組み合わせると助かる確率が8%

 

もう人工呼吸なくていいのではないか?

 

今後なくなっていくものなのかもしれないね

 

同じ入校日のやつも多いので顔は見たことある奴が多かった、だが俺以外の人はけっこう喋ってて仲よさそうだった。

1人できてて俺と似通ってるんじゃないかなーっていう性格の人もいた、が

お互いに喋りかけることもないんだよなー

 

ーーーーーーーーーーー

13:30

昼食。言い忘れていたがここの弁当は毎回100%必ず揚げ物が入っている

 

ーーーーーーーーーーーー

 

14:30

路上複数教習。

受付周辺で立って待っているといつもの2人組ピアスしてるやんちゃな中西君(仮名)&大人しめの須藤君(仮名)と同じ入校日の女性、山中さん(仮名)が喋っていたなんか次の教習一緒になるらしい。

 

 

この教習では俺と中西君が同じ車に乗った

 

須藤君と山中さんと同じ車のようだ。

 

 

今回の路上教習は俺の仮免前の担当教官、硬じじい教官。

 

俺を担当していたときと全く違う感じだった

なんか「ここの病院ヤブ医者だよ」とか

雑談とかもよくしてた

 

まぁなんかすごい複雑なコースだったので運転しごたえがあって楽しかったが

 

なんか性格変わりすぎて引いた

 

 

ーーーーーーーーーーー

次は

危険予測ディスカッション。

さっき運転したコースの感想とか言うらしい最初は同じ入校日の奴らとかでビデオを見た。入校以来俺と同じくぼっちな山中さんは須藤君と楽しく喋っていた。

 

よかったな。・゜・(ノД`)・゜・。

 

それからは

硬じじい教官に応急救護室に連行された。

そこでさっき走ったコースの危険なところをディスカッションするのかと思いきや

 

なんでさっきみたいなコースを走ったかっていうとみたいな話からなんかこの教習所のこととか、過去の生徒の話とか正直愚痴みたいなことをずっと聞かされただけだった。

 

この教習所ではご意見箱みたいな所があって苦情とかを書いた紙を入れることができる。

 

俺は前にこの教官に自販機で飲み物をおごってもらったので、少し苦情の紙を書くことをためらう気持ちがあったが。

 

苦情の紙を書くことを決めた

 

 

16:30

あきこま

パソコンで学習してた。

 

17:30

路上教習

けっこう雨の降る中やった雨降ってるとサイドミラーとかぜんぜん見えなくなるね。

教官は体格のいいオタクだった、なんか運転してる途中聞こえない声でぼやいて、1人で笑っている。

 

18:30

コース内での縦列駐車、右バック進路変更、左バック進路変更の練習だった

教官は、無線教習で脱輪したときに救出してくれた背が高くてなんかやる気なさそーな人だった

 

 性格悪いのかなーとか思ってたが、案外失敗とか勘違いしてても緩く指摘するだけだしなんか気持ちよく頑張れた。

 

 

 本日の教習も終わり

帰ろうとしたら。

 

ふと気づいたあれ明日のバスの迎え表に名前書いてなくね?

 

この教習所では明日の教習の予定を自分で確認して、バス迎え表に名前を書かないと明日のバスはやってこないので朝イチの7:30のバスに乗らないといけなくなる。

 

バスの運転手に俺の名前って書いてありましたか?聞いたら「分からね受付に聞いて見て」と言われたので受付に行って聞いてみた。

 

そしたら受付の人のご好意で明日の9:00のバスでも大丈夫になった。ありがとうございます。

 

 

だがそんなやりとりをしているうちに帰りのバスが発車してしまった。

次のバスは1時間後。

 

ホテルのレストランは20:30に閉まってしまう。次のバスを待っていると、夕食が食べれなくなってしまうのだ

 

俺はグーグルマップで経路検索をして

 ホテルまでの最速ルートを検索した。

 

するとバス停がけっこう歩いたところにあるらしい俺はバスに乗ることにした。

バスに乗ってもギリギリ到着できるくらいだったので俺は

 

走った

 

闇夜を疾走する。

 

人のほぼいない河川敷だったため全力で走ってた。

走るのって気持ちいいな〜

 

そしてなんとかバス停に到着したはいいものの

 

時刻表を見ると1日に4-5本しか本数がない

夜のバスは一本もなかった。

 

だが俺は夕食を諦めきれず人気のない道を選び走った。

 

だが車が来るときは恥ずかしいので走らないっていうね

 

 

だが無念なことに残り500mほどのところでタイムアップーーーー////

 しょうがなく近くのサンクスによって夜ご飯を買った。

f:id:yuzurifa:20170922153534j:image

 

 

あー無駄にしてしまったかと思ったが。

フロントから電話がかかってきてなんと、俺の分の夕食をとっておいてくれたらしかった。

 

ありがとうございますっ!

 

走った後だから少し美味しく感じた。

 

 

それからは普通に寝た。

 

 

 

 

 

 13日目に続く→→→→→→→

 

 

 

 画像引用〈Copyright© FamilyMart Co., Ltd.〉